常識を覆すアイディアを生み出してきた、アイディアマンの代表 会澤

2014年12月11日|カテゴリー:会澤工務店とは
代表の会澤は、今まで数々の斬新なアイディアを生み出し、自社を成長させてきました。

中でも代表的なものは、「土地の仲介手数料に関するアイディア」です。
通常、不動産屋は利益を乗せて売買するものですが、会澤は土地を買わずに「預かる」形で、注文住宅建築の案件をまとめました。

地主の方と住宅購入者が直接売買契約を結ぶ、今までの常識ではありえないアイディア。これにより、リーズナブルで魅力的な土地を大量に用意することに成功しました。

土地単体で利益を出す必要がある不動産販売会社が扱うより、地主の方に15~20%高い金額を提示することができたのです。

その後、注文住宅の建築棟数は300棟を越え、のちに会澤工務店でだけでは賄いきれなくなり、大手ハウスメーカーを巻き込んで、エリア開発をリードするようになりました。

また、最近では、大型犬と住むことを前提にした、高級賃貸物件のWan’s One (ワンズワン)を企画。屋根に太陽光発電パネルを搭載し、お値打ち感のある家賃設定としました。
入居希望者は予想をはるかに超えて倍率13倍。いまでも空室待ちです。
o0500030013147864081
2月には、新たにログハウスも完成します。
東京近郊でありながら、四季を感じて、レイクタウン周辺の自然と共生しながら住まうことのできる賃貸住宅です。このレイクタウンに魅力的な風景が現れることになるでしょう。

このように代表の会澤は、創業以来さまざまなアイディアに挑戦してきました。
これからも会澤のチャレンジにご期待ください。