打ち合わせ10回以上&スケッチでお客様とのズレをなくす

2015年1月15日|カテゴリー:会澤工務店とは
会澤工務店の打ち合わせの回数は非常に多く、より慎重に行っています。

注文住宅ですので、打ち合わせの数が多いのは当たり前だと思われるかもしれませんが、弊社では作業工程をその都度お伝えし、費用についても細かくご説明させていただいています。

数十回を超える打ち合わせで、ご納得頂けるまで、とことんお付き合いしているため、今まで大きなトラブルはほとんどありません

金銭トラブルも多いのが普通ですが、税金の関係までしっかりとフォローしているため、この 10 年、集金でもめたこともないのです。

契約後も、10 回から20回は打ち合わせをしていきます。その都度、構造を決め、段階的に配線の打ち合わせもしています。打ち合わせの度に、お客様との意思確認ができ、その結果より高い確率でお互いに満足の家をつくり上げることができます。

一般的なメーカーは、図面やパースを見て決めましょうと言っていますが、会澤工務店では、現場を見てもらって、お客様のイメージがずれないようにずれないようにと進めています。

配線も現地で確認してもらうので、お客様との食い違いがありません。いくら図面で説明したところで、実際の距離間や位置などは、わからないのが現状です。

注文住宅は、規格販売ではないため、間取りや設備に至るまで自由に選択できます。そのため、必然的に打ち合わせの数は多くなります。

打ち合わせの数が多いということは、営業労力を費やし、会社としては大変なことですが、こだわりを持つお施主様の期待に応えるために、これからもプロの視点で提案をしていきます。
o0500030013170332256