金物の取り付け、屋根工事へ入っております!

2017年2月10日|カテゴリー:木心地の好い家 ひなた

先日無事に上棟を迎えた「木心地の好い家~ひなた~」

現在は大工さんが入り工事を進めております。ここ最近風が強く、寒い中奮闘していました。

さて、木造軸組工法は柱や梁を組み合わせ、骨組みを作っていきますが、実際組み合わさっているところはどうなっているのか。

img_1570

img_1571

写真のようにプレカット工場であらかじめ加工された継ぎ手を組み合わせていきます。

精度が非常に高い加工が実現しております。

 

この組み合わさった継ぎ手や仕口を補強するのが金物です。

img_1566

こちらは羽子板金物です。名前の通り羽子板の形をしております。これで材と材を緊結します。

img_1567

img_1568

 

こちらはパイプ羽子板です。パイプのようなものを材に入れ、ボルトで緊結します。

img_1606

img_1607

パイプ羽子板を入れ込み、穴が開いた所からボルトを入れ緊結します。

img_1609

このように金物によって多くの箇所を補強し、より強固な建物にしていきます。

img_1572

ちなみに、ナットの下に挟む座金は、バネの付いた緩みにくいものを使用しております。

現在、屋根工事中です。垂木をかけたところです。

img_1614

また書きます。