断熱材入りました

2017年6月20日|カテゴリー:木心地の好い家 ひなた

木心地の好い家~ひなた~工事進捗状況です。

 

前回記述した手間のかかる床工事は終了し、床のある状態での作業が可能となりました。

 

本日は断熱材について。ひなたの壁断熱材はサーモウールを使用しております。羊毛とポリエステルを混ぜた断熱材です。断熱性能はもちろんですが、サーモウールには調湿効果が優れており湿度を50%前後にしようと働きます。内部結露を無くすことに効果的ですね。

また消臭効果も期待できます。新築後に搬入した家具や生活臭に効果がありますね。

img_1842

サーモウールの効果はそのものが持つ効果とは別に、施工性にもあります。

 

「いかに隙間なく施工できるか」という部分に注目すると、サーモウールは隙間なく施工することが出来、コンセントボックスやダクトまわりの凸凹や湾曲にも対応できます。簡単に手でちぎることもできるためわずかな隙間にも充填できます。

img_2227

断熱材の施工が終わるとその上から気密シートを覆いかぶせ、気密性の高いお住まいを目指します。もちろんサーモウールの調湿効果を最大限に活かすために、透湿性の気密シートを用いります。

img_2225

弊社では定期的に気密測定を行っております。その際コンセントボックスからの空気の漏れを確認しましたので、すべてのコンセントまわりには気密カバーを設置しております。

img_2226

断熱材など普段見ることのない壁の中は家の空気環境を整える上で、重要な役割を背負っています。