ペットと暮らす一戸建て賃貸住宅 「Wan’s One」越谷レイクタウン

2015年3月10日|カテゴリー:会澤工務店の家づくり
近年、出生率の低下による少子化の動きが高まり、日本の人口は減少傾向にあります。
アパートは今やほぼ飽和状態。賃家経営に苦戦を強いられているオーナーの方も少なくないのではないでしょうか。

一方で、全体の80%もの国民が「戸建住宅に住みたい」と考えているにも関わらず、全国の賃貸物件数の中で戸建賃貸住宅が占める割合は、わずか1.4%しかありません。加えて、「ペットと住める賃貸住宅」は非常に少なく、需要の割に、ペット可の賃貸住宅はほとんど供給されていないのが現状です。

会澤工務店は、そういったマーケットニーズを見据え、太陽光発電パネルと組み合わせ、オーナーの方が安心して収益を上げることができるオリジナルパッケージモデル、ペット共生型一戸建て賃貸住宅「Wan’s One」を開発しました。

戸建賃貸住宅は、注文住宅でも人気の平屋スタイルを採用。
傷や汚れがつきにくい「ペット対応フローリング」や、便利なペット対応外水道、フェンスを簡単に取り付けられる下地など、愛するペットと安心して暮らせるような工夫を細部にまで施しました。

また、全棟屋根に太陽光発電パネルを搭載し、発電した電力を電力会社に買い取ってもらうことで、家賃収入に加えた収入を確保できる収益モデルを実現。オーナー様が安心して賃貸経営を行える、画期的な仕組みを生み出しました。

この「Wan’s One」は、非常にチャレンジングな案件でしたが、結果的に入居希望者が殺到し、大成功を収めております。

安定した賃貸収入・収益を生む、全く新しい戸建賃貸住宅のカタチ、「Wan’s One」。
こちらのパッケージをご希望のオーナー様がいらっしゃいましたら、ぜひ会澤工務店までご相談ください。
o0500043413228439144