初めて注文住宅を検討中の方が、現場見学会で見るべきポイント

2015年5月26日|カテゴリー:家づくりノウハウ
こんにちは、会澤工務店です。
家を建てる際に、訪れることの多い現場見学会。モデルルームなどに訪れる方がほとんどかと思いますが、見学会には2つの種類があることをご存知でしたでしょうか?


1つ目は完成見学会。これは完成品を見学する会です。完成品とされたモデルルームの中には、家具なども配置されていますから、自分が住んだイメージを沸かせるためは、非常に役立ちます。

2つ目は構造見学会。これはあまりご存知ない方も多いかもしれません。構造見学会とは梁や基礎がむき出しになり、どのような構造で家が建てられているのかということを見学する会です。


結論、お客様には2つとも足を運んでいただきたいと私たちは考えています。現場見学会は家を建てるかどうかの検討時期に。構造見学会は家を建てようと決めたあとにお越しいただくのがベストです。


これから自身が何十年と暮らしていく家を建てる場合、見た目だけではなく、建てる家の構造を理解することはとても大切です。


安心・安全かつ快適な家づくりを納得の上、進めていくためにも、本日紹介した2つの見学会は、是非お客様にご参加いただきたいと考えています。また、このような構造見学会では、各工務店の技術力が反映される場でもあります。


会澤工務店では現場見学会だけではなく、構造見学会も積極的に行っているため、家を建てようと決めたけども、モデルルームだけでは不安を感じてしまうという方は、是非、構造見学会にお越しください。お客様が安心・安全に暮らせる住まいのカラクリをわかりやすくご説明させていただきます♪
o0500074713290460655