一度は体験してみたい薪ストーブのある暮らし

2015年10月29日|カテゴリー:家づくりノウハウ
こんにちは、会澤工務店です。
10月も終わりにさしかかり、徐々に冬の気配が漂ってきましたね。冬の寒い日は家の中にいる機会も多くなりますから、なるべく室内で快適に過ごせるようこれから工夫していきたいところですね。

そこで私たち会澤工務店がおすすめしたいのは、薪ストーブです。すでにレイクタウンの新事務所へお越しになった方はご存知かと思いますが「あいの杜」には「メトス ヨツールF400」という薪ストーブを設置しています。

ストーブには、名前通り薪を燃料とする「薪ストーブ」と、木質の小さい固形燃料を使う「ペレットストーブ」の2種類があります。しかし、ペレットストーブはどこでも燃料が変えるため便利である反面、趣に欠けてしまいます。

そのためストーブを導入するなら、良い香りの薪を探しに地方まで出向くような、こだわりのライフスタイル楽しめる薪ストーブがおすすめです。
o0371055813459805257
火が持つ魅力や、やすらぎは木の性質と似ているものがあり、無垢材との相性も抜群です。子どもが寝静まったあとに夫婦で火のゆらぎを楽しみながらお酒を飲むというスローライフを感じさせる暮らしも良いですよね。

「あいの杜」では来月末に、初めての火入れとなる薪ストーブのイベントも企画しています。後日、Facebookやブログでも詳細を紹介しますので、ご興味のある方は是非参加してみてくださいね。