薪ストーブを導入した木の温もりを感じる家

2015年4月21日|カテゴリー:建築実例
こんにちは、会澤工務店です。本日は、2014年8月にお引渡しをさせて頂いた、Y様邸の施工事例をご紹介させていただきます。

Y様は、お子様の成長にともない、これまでお住まいだったアパートが手狭になったことをきっかけに、ご夫婦とお子様2人の4人で暮らす新築の一軒家を建てたいということで、ご相談をいただきました。

当初、Y様にご相談いただいた住まいのイメージは「木の温もりを感じる住まい」というもの。また、「無垢材を使用した床」や「薪ストーブ」といった具体的なご要望もございました。

木の温もりを感じる住まい」「無垢材を使用した家づくり」は、会澤工務店がこれまで強みとし、こだわってきた部分でもありますから、今回のY様のご依頼は、非常にやりがいのあるものでした。

また、打ち合わせの中では、Y様の住まいに対するイメージに加え、育ち盛りの子どもと働き盛りの大人が暮らす家という当面の状況を考慮し、実生活に役立つ機能的なプランを、私たちの方からもいくつかご提案をさせていただき、ご賛同いただきました。

家づくりの打ち合わせで大切なことは、建材や構造についてのご説明は当然のことながら、私たち工務店と、ご依頼いただくお客様が、打ち合わせを通じてお客様の生活イメージをしっかりと共有していくという作業です。Y様は、具体的な住まいに対するイメージをお持ちでしたから、とてもスムーズで有意義な打ち合わせができました。

次回は、Y様邸宅の目玉である、「薪ストーブ」とY様のお客様インタビューをお送りいたします。
o0500033113262732850