埼玉・吉川モデルハウスにご来店!C様邸の新築施工事例紹介 前編

2015年5月14日|カテゴリー:建築実例
こんにちは、会澤工務店です。
本日は「木材を使ったナチュラルな家を建てたい」とご相談いただいた、C様の施工事例をご紹介いたします。


今回C様が会澤工務店にご依頼いただくことになった経緯は、雑誌「チルチンびと」に掲載されていた会澤工務店の情報がきっかけでした。その雑誌をご覧になったC様には、「イメージを確認してみたい」という意向もあったため、後日会澤工務店の吉川モデルハウスへと足を運んでいただくことになりました。


モデルハウスでお伺いしたC様のご希望とは、現在一人暮らしをしているお母様の住まいと同じ敷地内に、ご夫婦とわんちゃんで暮らす「木材を使ったナチュラルなイメージの家」を建てたいというもの。


しかし、同じ敷地内に家を建てるということで、敷地内にある「木」や「お稲荷様」の位置によって、スペースの確保が可能なのか疑問ということも同時にご相談いただきました。(ちなみに、この時接客を担当させていただいたのは、弊社の現代表である会澤宣雄です。)


ご契約をいただいた後は、設計士も交えて何度もお打ち合わせと下見を重ねました。そして、敷地内の建物の配置とスペース確保はもちろんのこと、屋内回遊の動線や、リビングからの眺めまでC様とはイメージを何度もすり合わせながら、設計にはかなりの時間をかけ完成させていきました。


施工においては、木のイメージを大切にという意向を汲んで、木の息づかいを感じられるよう、床や柱には無垢材を多用。また、トイレと洗面所では、ご夫婦だけでお住まいになることを考慮し、トイレの扉をなくした特徴的な設計に仕上がっています。

今回のC様の事例におけるポイントは、「限られたスペースに、快適な住まい」という会澤工務店にとってもやりがいのあるご依頼でした。また、C様の家族構成を踏まえた、機能面の提案も快諾いただき、良い住まいに仕上がったと思います。


次回は、C様が実際にお住まいになった感想をインタビュー形式でお送りしたいと思います。
o0800057813289946369