健康に配慮した和モダンな住宅【後編】

2015年9月22日|カテゴリー:建築実例
こんにちは、会澤工務店です。
本日は前回紹介したK様邸の施工事例後編をお送りします。
※下記リンクに完成済みとして掲載
http://www.aizawakomuten.jp/works/kobetsu_new/pg151.html

健康的な居住空間に仕上げるために工夫したポイント
多くの住まいの壁はビニールクロスが主流になっていますが、K様邸はお子さまのアレルギーを考慮し、珪藻土の塗り壁に月桃紙を壁紙として使用しています。これらの自然素材は、見た目の良さに加えて、室内の空気をキレイに保つ効果があります。

外観を和風テイストに仕上げるために
K様は全体的に和風テイストをご希望されていたため、外壁はセメントや砂、水を練り混ぜた
モルタル塗りで、マットな印象に仕上げました。また、モルタルには防火・耐火性能にも優れているという長所もあります。

最後にK様からいただいたコメントをご紹介します
K様:今回初めての家づくりでしたが、悩みどころも多く当初はなかなかスムーズに進みませんでした。しかし会澤工務店さんとは、私たちが納得するまで妥協なく打ち合わせをさせていただき、その都度親身になって相談に乗ってくれました。

イメージが湧かないところは提案してもらい、自分で考えていたよりも素晴らしい理想の住まいができました。ありがとうございました。

たくさんの方にお越しいただいているK様邸の完成見学会ですが、いよいよ明日が最終日となりました。素材やデザインはもちろんですが、家の中の実用面にも注目していただきたいK様邸。ご興味をお持ちになった方は、ぜひ完成見学会にお越しください!
o0500067713426442702