とことん付き合ってくれる姿勢がよかった

2017年9月1日|カテゴリー:住まい手の声

Voice.2 越谷市 I 様

P9720549
マンションの購入を検討されていた I さんでしたが、どこも同じような田の字型のつくりに納得ができず、一戸建てへと考えをシフトされたそう。それならば自然を感じる木の家に住みたいという思いから、木の家づくりに実績のある会澤工務店に依頼することとなりました。今回はそんな I さん夫妻にお話を伺いました。
P9720572
Iさん:最初はマンションを買おうかなと思い、マンションばかり見ていたのですが、マンションって、どれも同じだなと。結局、帰ってきてもリビングは狭いし、それぞれの部屋に籠もってしまいそうで…。それなら一戸建てを見てみようと。木の家がいいなと思い、展示場は一通りは見ましたが、もっとリアルな木を使ってる方がいいなと、埼玉の木を取り扱ってる工務店を探して、辿りついたのが会澤工務店でした。
P9720544-e1505366560498
Iさん:会澤さんからは、誠実に仕事をしてる感じを受けました。レイクタウンのモデルハウスを見たとき、「いやあ、しっかりつくってるな」と。そこを感じられたのは大きかったと思います。 あと、自分が和歌山出身で、会澤工務店が使ってる山長の材木が和歌山産ということも安心感につながりましたね。それもご縁なのかなと。
P9720566-e1505366935488
Iさん:担当してくれる人から、ここならしっかり家を建ててくれるだろうなっていうのを思えたことが大きかったと思います。ハウスメーカーの営業さんからは、いっぱい売らないといけない家の1つを売ってるだけという印象を受けたんです。会澤工務店さんのような地元の工務店っていうのは、その1軒を売れるかどうかというより、ひとつひとつの家づくりが本気だと思うんですよね。その家づくりの姿勢に心を打つものがあったというのが、会澤工務店さんを選んだ決め手ですね。
P9720619
Iさん:吹き抜けが欲しいというのは言いましたね。あと、動線は気にしました。リビングを絶対に通らないと上の部屋には行けないとかね。あとは、廊下に書斎があるんですけど、それは絶対に欲しいということ。そうして最初に出てきたプランもイメージ通りでしたね。ただ、そこから細かなお願いはかなりしました。そのあたりは、たぶんハウスメーカーだと「それはできません」みたいな話になるので、そこはすごいよかったです。我ながら、いい家ができたと思います(笑)。
Iさん:吹き抜けの開放的なところが気に入ってます。さほど寒さも感じないですし。あとは、使いやすい収納とか、無垢の床とか、言い出すと切りがないですね(笑)
P9720623
DSCF2055
PC210134-e1505366843941
Iさん:思ってることは全て言う、ということじゃないですか。営業とか設計の人とか、こうしたいと思ったらもう絶対にそれを伝えて、議論して、どこまでできるのかを探るっていう。それをちゃんと聞いてくれる相手を探すっていうのは大事ですよね。対話というか、思っていることを全部言えて、それを嫌に思わずパンと返してくれる、みたいな、そういう関係が築けるかは重要だと思います。そこが会澤工務店さんの魅力でもありましたね。おかげさまで愉しく家づくりができました。

撮影・取材:(株)アドブレイン 塚本浩史

イントロダクションムービー